つみ木

マンション経営するなら一棟買いがおすすめ|賢い不動産投資

マンション

不動産投資のポイントとは

投資用マンションでは、ワンルームマンションを選ぶ方が多いです。ワンルームマンションで不動産賃貸業をするうえで、一番大切なことは入居者の確保です。そのため、家賃保証サービスなどを利用して入居者を確保しましょう。また、投資用マンションの購入は相続税対策にもおすすめです。

一軒家

サブリースの利点と注意点

一括借り上げでの管理業務委託ではオーナーに一定の賃料が管理会社から支払われるので空室が増えたとしてもオーナーに入る家賃収入は変わりません。賃貸経営をする時に空室のリスクは大きな問題なので、このリスクを回避できるのは一括借り上げでの契約の大きなメリットです。

男の人

年金の代わりになるもの

不動産投資は、年金の代わりになります。老後の収入にプラスできます。不動産投資は、老後の頭の体操にもなります。アウトソーシングや情報収集など計画性をもって、長期的な視点で不動産投資していくことが大切です。

賃貸経営の賢い方法

アパート

リスクを効率的に大幅軽減

賃貸経営におけるマンションを一棟買いするメリットは、収入ゼロというリスクを大幅に軽減できることです。賃貸経営での最大のリスクは、言うまでもなく、賃借人が存在せず、収入が得られないことです。ただ、そのリスクは収益物件の少なさが生じさせるリスクです。収益物件が多ければ多いほど、リスクは軽減されますから、マンションを一棟買いすることで、大幅に軽減されるというわけです。もちろん、マンションを一棟買いしなくても、複数の収益物件を所有することは可能です。しかし、それは様々な点において色々と手間がかかってしまうことです。また、収益物件の数も個々で所有するよりもマンション一棟の方が多くなるはずですから、マンションの一棟買いは効率的な方法だとも言えるのです。

広い視野を持つ

マンションを一棟買いするとなると、多額の資金が必要となりますが、購入の際にはローンが組めますから、事前に多額の資金の用意は不要です。但し、当然、賃貸経営している間にローンの返済をしなければなりませんから、賃貸経営の計画は慎重に行うべきです。そこで重要となるのが、マンション選びです。築年数が古いよりも新しい方が、価値があると考えがちですが、古くても価値があるマンションがあるということは認識しておくべきです。住まい探しをしている人が物件選びの重要のポイントとしているのが、立地です。利便性が高い、好立地な場所に建てられている物件に興味を示し、それが、新しい設備や機能に上回ることも往々にしてあることです。従って、築年数を気にすることも大切ですが、そればかりではなく、もっと広い視野でマンション探しをする必要があります。