不動産投資のポイントとは|マンション経営するなら一棟買いがおすすめ|賢い不動産投資
男女

マンション経営するなら一棟買いがおすすめ|賢い不動産投資

不動産投資のポイントとは

マンション

入居者の確保が重要です

大都市圏の不動産投資が注目を集めています。特に、ワンルームマンションなどの投資用マンションが人気を集めています。投資用マンションは、少額の資金をもとに手軽にできる不動産賃貸業です。大都市圏には、投資用マンションを専門に扱う不動産業者も多数あります。不動産賃貸業を行う上で重要なのポイントは、入居者の確保です。購入した投資用マンションに入居者がない場合には、賃貸収入がなく、借入金の返済等も不可能となってしまいます。投資用マンションを販売する不動産業者の中には、家賃保証を実施している業者もいます。また、投資用マンションを販売する不動産業者は、投資用マンションの販売のほか、賃借人の募集、不動産物件の管理や補修などの業務も行っています。

相続税対策にも有効です

不動産賃貸業の所得は不動産所得として、確定申告する必要があります。不動産所得が赤字となった場合には、給与所得などと損益通算することができます。平成27年1月以降の相続については、これまでの基礎控除5000万円が3000万円に、相続人一人当たりの控除額1000万円が600万円に引き下げになりました。これまで相続税がかからない者にも相続税がかかることになります。投資用マンションを借入金で購入した場合には、相続税対策にも有効です。投資用マンションは固定資産税評価額で相続税の評価が行われるため、購入価格よりも低く評価されます。また、借入金は相続税の計算上、債務として計算されますので、結果として相続税の課税価格が減少します。