サブリースの利点と注意点|マンション経営するなら一棟買いがおすすめ|賢い不動産投資
男女

マンション経営するなら一棟買いがおすすめ|賢い不動産投資

サブリースの利点と注意点

一軒家

時間と共に価値が下がる

一括借り上げで管理業務を委託する事をサブリース契約と言います。一括借り上げで管理業務を管理業者に委託した場合はその物件の規模や価値からオーナーに支払われる賃料が決定されます。新築の物件であれば間取りや部屋数が同じでも新築という事で完成した直後が一番価値が高く家賃の相場も高くなります。その為一括借り上げで管理業務を委託する場合でも新築間もない時期が一番管理会社からオーナーに支払われる賃料が高いのです。特に新しい物件を管理会社に一括借り上げで管理業務を委託する場合は契約当初の賃料が一生支払われる訳ではないので契約当初の賃料が一生続くと勘違いしないように注意するべきです。オーナーに支払われる賃料の見直しまでの期間は管理業務の契約をする時に決められるので契約の際に確認すると良いです。

安定した収入が見込める

一括借り上げでの管理業務の委託は一般管理での業務委託と比べるとオーナーに支払われる賃料少なくなります。しかしそれは常に満室の状態を保てていればの話でもし一般管理での契約をして空室が増えればその分家賃収入は低下して一括借り上げでの賃料より低い家賃収入しか得られなくなります。一括借り上げでの契約ならば空室があっても満室であっても一定の賃料が管理会社から支払われるので安定した家賃収入を得られるのです。賃貸経営では空室による家賃収入の減少は大きなリスクで特にローンで物件を購入しているオーナーには大きなリスクになります。一括借り上げでの管理業務委託は管理会社が空室に対する補償をしてくれるのでリスクを回避できるメリットがあるのです。